久しぶり〜の3連休が来た!家族でキャンプに行くぞ〜!
うちの子供は小学校6年男子に、小学3年娘に、小さい娘の3色団子。
お父さんと一緒にどこかに行くなんて今年が最後かなーとも思いながら連れて行きました、ひさしぶり〜のキャンプ!

今回の旅は

”キャンプ場をベースに、いろいろな場所にe-bikeで遊びに行ってみよう”

キャンプ場をベースに、いろいろな場所にe-bikeで遊びに行ってみよう”というのが一つのキーポイント。

僕以外が全員e-bikeを乗るというあり得ない構図です。


お父さん:自転車乗りたいしグラベルバイク持っていく
お母さん+小さい娘:e-tool+子供のせ仕様
娘:e-hop1号
息子:e-hop2号


一家にe-bike3台はなかなか用意するのは難しいですが、
記事の力を借りて、e-bikeのあるキャンプを体感してみようということで和歌山に行ってみることに〜!

実は皆、和歌山に行ったことがない….
そして子供はアドベンチャーワールドでパンダとイルカに会いたい〜。
とれとれ市場に、海鮮、釣り、みかん、備長炭!と行く前から色々楽しみ。

直前だけど… ベースとなるキャンプ場を探そう!
このキャンプブームの時に3連休で空いているところがあるのか心配。
さらに僕は、キャンプに来てまで人が多いところは嫌いなので、とにかく静かなところを探します。
ここはとにかく嗅覚です。嗅覚。 想像し、感じ、検索…
ようやく見つけたのが、pleforged というキャンプ場。

口コミも何もありません。。心配でしたが、おそらくできたばかりで口コミもないのだろうと、想像し予約〜完了。
あとは出発まで待つのみ。ワクワクです。


出発当日

いざ車へ積み込み!
手伝ってくれーということで、みんなで車に積み込み開始。
入るかな?やってみよう!


●5人分のキャンプ道具
●e-bike3台・グラベルバイク1台。
●釣りの道具・薪やら・七輪に炭・焚き火台・シュラフ・テント・椅子・机・子供の人形・お菓子などなど…


e-bike2台は中に。他2台は外のYAKIMAラックに引っかける。
荷物はギリギリ積載完了!

道中京都から4時間の旅。エアコンも要らず春の風か気持ちいい〜
ランクルは3角窓から風が入ってきます。昔の人の知恵はすごい。


目的地周辺のキャンプ場周辺で食糧調達に地元のサニーマートというスーパーへ。
やっぱり地のものがてんこもり!新鮮な魚に、お肉、野菜にみかん。超安いし新鮮そう。
これを見ただけで和歌山住みたくなってします。すぐに恋をしてしまいます。

キャンプ場は、なんとぐいぐいぐいぐい登った山の上にありました。200mぐらいは登ったでしょうか?(後で見るとたったの標高100mでした)
入り口には大きな木彫りの鹿がいます。

登ったところは、絶景が広がっていました!!!
お父さんの嗅覚すごい自慢をしてから、キャンプ場受付

とっても気さくなお兄さんが受付をしてくれました。話を聞くと、今年の春前から自分達で手作りでキャンプ場を作っている愛のこもっているキャンプ場なのでした。

キャンプ場の入り口やベンチは、なんとチェーンソーアートの世界チャンピオンに来てもらい作ったというもの。
リアル〜!
作家さんは、木を見て節や穴などを見て創造しながら作っていったそう。凄すぎ。

早速テントを設営、夕日を見ながら、焚き火&ディナータイム!


2日目

アドベンチャーワールドday!
行く前に、e-hopのサドルの高さ、ハンドルの前後、ブレーキの調整、サドルの高さ調整をして子供が乗りやすいように調整。

二人の子供の身長は、137cmと135cmなのですが、e-hopに乗れるんです!

そこら辺練習しなーと言ったら最後、帰ってきません。
楽しすぎて坂道登っては下って、ぐるぐるとずぅ〜と乗っています。
新しいおもちゃをゲットしたかのように、はしゃぎまくっています。

そして嫁さんはe-toolにチャイルドシートを装着し、一番小さな娘をのせ出発!
山の上にあるキャンプ場から一気に海抜まで降ります。

まず、朝食のパンを、海へ出て食べようということで、海辺へ行ってみることに。
googlemapを広げ、海沿いで小さな道を探し、ここよさそうじゃない?と想像しルート選定。
自転車は、小さな小道が最高なのです。
見つけたのはこんな綺麗な入江。最高〜!めちゃくちゃ贅沢〜! 朝から超ハイです!
朝食はこの上なく美味い…

そしてよくよく目の前を見たら… 丘の上にあるのがアドベンチャーワールドじゃない?
丘の上にある目的地ロックオンしていざ出陣!

さあ行ってみよう。

初めての海沿いの道や、田んぼの畦道を走るこのワクワク感。
子供の時に自転車の楽しさを感じた記憶が蘇ります。たまりません。
しかも、坂道を気にすることなくみんな同じようなペースで走れる。


道を間違えても全然気にならないのが、e-bikeのいいところ。
感動です。

道中いろいろな発見ありながら、アドベンチャーワールド手前の激坂に到達。


でも、余裕の子供の表情&嫁さん。
そして、一番登りも好きなグラベルお父さんも満足。

駐輪場は、しっかりありますが、もちろんガラガラ。
あるのは、バイクとe-bikeのみ!

アドベンチャーワールドに感動!

アドベンチャーワールドは初めて行ったのですが、本当に期待を超える楽しみ驚きがありました!
ぜひ行ってみて!

既に夕方。
キャンプ場に戻り、しっかりサイクリングをして達成感もあり。大満足でした。ご飯も美味すぎる〜!


〜3日目〜

Good morning!


子供たち、朝からe-hop乗り回してます。
昨日買ったレッサーパンダの人形をハンドルバーに挟んで…

今日は、午前だけ海釣りにLet’s go!


息子は釣りに没頭!
娘二人は波や砂遊び。
嫁さんは編み物。

それぞれ自由な好きな時を過ごしてゆったり〜

最後はやっぱりとれとれ市場にて海鮮丼食べ、温泉つかり、車に遊び道具を詰め込み帰路に。

こんなe-bikeで知らない土地を巡る遊び方、今までしなかったから本当におすすめ。


特にe-hopに子供が乗れるのが画期的すぎ!

色々家族で使えそうだな〜と考えたのが

Ver1: 子供e-hop&両親は好きな自転車

Ver2: 嫁さんe-hop&父さんマウンテンバイク

Ver3: 嫁さんe-hop&父さん電動アシスト自転車に子供のせ

Ver4: 家族みんなで、必要な時にe-hop使い回し とかとか


こちらは、おすすめルートを作ってみました!

ぜひ行ってみて!

キャンプ場〜アドベンチャーワールドのおすすめルート

 Goolge MAP

アドベンチャーワールド→キャンプ場のおすすめルート

Google MAP

キャンプ場からの白浜一周おすすめルート

Google Map


帰っていろいろ考えてみると…

ベース拠点を決めて、そこを中心に街を掘り下げるという面白さはe-bikeならではの新しい遊び方かもしれない。

  • 坂の多い神戸を食べ歩き。
  • 尾道を散策。
  • 小樽にて食べ歩き。
  • 京都で路地裏散策からの大原とか
  • 別府の地獄谷まわり 

とか妄想膨らみます。

うーんe-bikeで楽しみ増えそう!

PS:帰宅後の和歌山の地のみかんは正直美味しすぎました。
それだけでも行く価値があります!

本当に別物。
和歌山ファンになりました。この夏も和歌山行ってみます!

皆様もe-bike旅に、是非いってみましょ !


新コンテンツぞくぞく掲載中